バーベキューや焼肉に最適な美味しいお肉を販売しています。また、全国のBBQ場も紹介しているので、ご家族や友人・恋人と楽しいひと時をお過ごしください。
BBQ肉政
HOME » BBQ・キャンプのグッズ » チャークロスの作り方・必要な物!使い方は?

チャークロスの作り方・必要な物!使い方は?


焚き火

ファイヤーピストンやファイヤースターター、火起こし器、火打石などで誕生させた火種は、ほんの小さな火で、モタモタしているとあっという間に消えてなくなってしまいます。

その時に利用したいのが、チャークロスです。

チャークロスとは着火剤の一種で、綿(コットン)を炭化させて作ります。

木を焼いて燃えやすくした炭と同じような物と考えると良いでしょう。

炭は着火するまでに時間が掛かりますが、チャークロスは燃えやすくて一定時間燃え続けるという特徴があります。

このチャークロスを使うと、火起こしに成功する確率が上がり、無駄に火種を作る回数が減るのでオススメです。

[myphp file=’ads1′]

チャークロスの作り方・必要な物

チャークロスを作るには、100%の綿(コットン)、フタがある空き缶、キリなど空き缶に穴を開けられる工具、爪楊枝が必要です。

綿はいらなくなった服やタオルでも良いですし、なければ100均で購入すると良いでしょう。

フタがある空き缶は、フタを閉められるコーヒー缶やお菓子の缶などで良く、100均でも購入できます。

キリなどの工具もなければ100均で売っているので、全て購入しても330円と安上がりです。

なお、アマゾンならチャークロス作成キットが販売されています。

チャークロスの作成手順

  1. 上記、必要な物を用意する
  2. 綿100%を適当な大きさ(5~10cm四方)に切る
  3. キリなどで空き缶のフタに穴を開ける
  4. 空き缶の中に切った綿を入れる。 ※隙間なく詰めると成功しやすくなります
  5. フタを閉め、空き缶を焚き火の中に入れる
  6. フタに空けた穴から可燃性の煙が出るので、煙が出なくなるまで数十分間加熱します
  7. 煙が出なくなったら空き缶を火から離し、穴に爪楊枝を刺して冷まします ※やけどに注意。フタ開け厳禁
  8. 冷めたら完成です。ふたを開けてチャークロスを取り出します

チャークロスを自作するうえで、注意しなければならないことが2つあります。

室内でやると危険ですし、煙や臭いでトラブルの原因になるので、必ず外で行ってください。出来れば、キャンプやBBQで田舎に行った際に作ると良いでしょう。

2つ目は、完全に冷めるまでフタを開けてはいけないことです。熱いうちに空き缶のフタを開けると、酸素が供給されて炭ではなく灰になってしまうので気を付けてください。

[myphp file=’ads2′]

既製品のチャークロスを通販で購入する

上記のとおり、チャークロスの材料は安いですし、手順も簡単ですが、最大の問題は作る場所がないことです。

都会暮らしの人には難しく、特にマンションにお住まいの方は自宅では無理です。

キャンプやBBQで田舎に行った際に作るしかありません。

あらかじめ用意しておきたい人や作るのが面倒な人は、既製品のチャークロスが販売されているので、通販で購入してはいかがでしょうか?

ご検討ください。

チャークロスの使い方

チャークロスの使い方の手順は、次のとおりです。

  • チャークロス、麻紐、小枝・木材・炭、ファイヤーピストンやファイヤースターターなどの火種を作るものを用意する
  • チャークロスは手でちぎれるので、2、3cm四方の大きさにカットしておく
  • 数cm分の麻紐をほぐしておく
  • ファイヤーピストンやファイヤースターターなどを使って火種を作り、チャークロスの上に乗せる
  • 燃えたチャークロスをほぐした麻紐で軽く包み、息を軽く吹きかける
  • 麻紐が燃えたら、小枝に火を移し、さらに木材や炭に火を移す

最初は戸惑うかもしれませんが、あっという間に慣れ、成功確率も高くなっていくことでしょう。

[myphp file=’ads-end’]




関連記事

キャンプやBBQ(バーベキュー)に行った際に必ず必要になるもののひとつに「火」があります。 キャンプもBBQも、外で調理して...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

バーベキューINFO

北海道・東北地方

関東地方

甲信越地方・北陸地方

東海地方

関西地方

中国地方

四国地方

九州地方・沖縄県

サイト情報